本文へスキップ

福岡/増改築は地元工務店の株式会社みっちゃん本舗

〒814-0163 福岡市早良区干隈6−8−13
■TEL 0120-932281

用語あ/福岡・リノベーションterminology1

HOME>こちらは工務店/建築用語あのページです

                                            


あいがき 相欠き

角材などを互いに半分ずつ欠きとって、切り取った部分を接着剤や釘などで繋ぐ方法

あいくぎ 合い釘

2つの木材をつなぐために、両端が尖った釘を打ち込むこと。または接合に使う両端が尖った釘そのものをいう

あいじゃくり 相杓り

板材などに用いる継手の一種で、板厚の半分を互いに切り欠き、重なる部分を作ることによって隙間ができるのを防ぐ工作方法

あいそめ(ず) アイソメ(図) 

Isometoric drawing のことで、アイソメトリック図の略。平行投影図の一種。

立体を斜めから投影的に見た姿を表示する方法のひとつで、簡単に立体的な表現ができるので、上下階の繋がりなど建物の説明に使われることが多い。

あいば 合端  

2つの物を削ったり、摺り合わせたりして、馴染みよくするときの互いの面を合端という。

あいばん 合(相)番

ある工事をするときに、その工事を施工する職人以外の職種の職人が立ち会うこと。

あいびーむ アイビーム

H(型)鋼がH型の断面をしているのに対して、断面が I 型をした梁のことで、主に鉄骨造で用いられる。

あおりどめ 煽り止め

垂木と桁といった直行する部材の倒れを止めるために使われる金物。

あかまつ 赤松

マツ科の常緑針葉樹で、樹皮が赤いので赤松と呼ばれる

あかみ 赤身

樹木の表皮部分ではく、内側の赤みがかった中心に近い芯(心)材部分

あがりがまち 上框

玄関の土間と板張りの取継(取次)のさかいに、床の見切りとして横にわたされた框材のこと。

土足と上履きの履き替えの境であり、靴を脱ぐための境をしめす化粧材

あくあらい 灰汁洗い

木造建物の灰汁洗いを業とする専門職

あげうら 上げ裏

上げ裏、軒裏、軒天井はすべて、軒を下から見上げた部分をいう

あげおとし 上げ落とし

開き戸などを開いた状態で固定するために、木製建具の上部や下部に取り付ける金物

あさがお 朝顔

上から物がおちても、地上までの落下をくい止めるために、上に向けて突きだした仮設の防護施設

あじろ 網代

竹を細く裂いたものや杉を薄く削いだ板などを、斜めや縦横に交叉させて編んだもので、多くは和風建築の天井などに使われる

あすふぁると・ふぇると アスファルト・フェルト

繊維を原料とした不織布・布・紙などにアスファルトを浸透させてシート状、もしくはロール状にした防水紙。AFと略記される。

あすふぁると・るーふぃんぐ アスファルト・ルーフィング

合成繊維不織布や有機繊維原紙、ガラス繊維などにアスファルトをしみ込ませ、 粘着防止のために雲母の細粉などを付着させたロール状にした防水紙

あすふぁると ぼうすい アスファルト防水

平らなコンクリートのスラブの上に、現場で加熱溶融させた液状のアスファルトをもって、アスファルト・ルーフイングを2枚から3枚以上貼り合わせていく工法

あすべすと アスベスト

アスベストは、石綿(せきめん、いしわた)とも呼ばれる天然の鉱物繊維で、熱、摩擦、酸やアルカリにも強く、丈夫で変化しにくいという特性があるので、建築材料に混ぜて使用されてきた。

しかし、アスベストの繊維は、きわめて細いため、浮遊しやすく、吸い込むと、肺がんや悪性中皮腫、アスベスト肺などの原因になる。

そのため、2006年9月になって使用が禁止されたが、すでに使われたアスベスト含有の建材が解体期にはいるため、年間10万トン前後のアスベストが排出されると見込まれ、今後の解体にあたって建築物周辺の住民の健康への影響が懸念されている

あずまや 東屋

庭や公園などに設ける簡易な建物で、正方形の平面で4本の柱だけで支えられ、壁はないものが多い

あぜ 畦

敷居などの溝と溝に挟まれ た部分。島ともよぶ。溝の外側は樋端(ひばた)という

あせとあるでひど アセトアルデヒド

アセトアルデヒドは刺激臭のある無色の液体で、揮発性の高い物質である。

アセトアルデヒドは人体にとって有毒物質で、建築材から放出されるアセトアルデ ヒドは、シックハウス症候群の原因 として問題視されており、これを含まない建築材の採用が進んでいる

あぜひきのこ 畦挽き鋸

部材を切断するのではなく、途中だけ斬る場合や溝状の畦を挽き出す場合に使用する鋸

あそび 遊び

緩みのある状態。きっちりと締め上げてしまわずに、あえて緩みを持たせた仕事、もしくは緩みそのもののこと

あたまつなぎ 頭繋ぎ

柱のように垂直に伸びる部材の頂部を、水平に連結する部材のことだが、構造耐力を負担しないものをいう場合が多い。

あっちゃくばり 圧着張り

タイルを張る施工方法の一種で、モルタルを用いてタイルを 下地に貼る工法

あて 陽疾(反木)

木材の繊維が、他の部分とはちがって不均質で、不自然に曲がりくねった部分。

あどべ アドベ

粘土を形などに詰めて直方体にし、天日にあてて乾燥させた建築資材。日干し煉瓦ともかく

あなあきるーふぃんぐ 穴開きルーフィング

アスファルト防水に使うアスファルト・ルーフィングの一種で、コンクリートなどの下地に防水層を部分接着させる絶縁工法に使用される

あばらきん 肋筋

材にかかる荷重のうち、材を断ち切るように働く力を剪断力という。

鉄筋コンクリート造の梁では、引張としてかかる力は鉄筋が負担している。

引張力など曲げに抗する主筋に対して、剪断力を負担する鉄筋をアバラ筋とか、スターラップと呼ぶ

あばれる 暴れる

木材が乾燥のために伸びたり縮んだり変形すること。  

木材は伐採されて用材されても、生きているので伸縮をくり返して変形する。

木材は長手方向にはあまり縮まないが、幅は大きく縮んだり伸びたりする。また、板材は凸状に反ることがある

あぷろーち アプローチ  

道路際の門から路地を経て、玄関に至るまでの通路をいう

あまおさえ 雨押さえ  

戸袋上、土台上などに、雨水がまわりこんで建物内に浸入しないように設ける部材のこと。

あまおち 雨落ち

軒先から地面に垂直に降ろした部分を雨落ちと称する

あまがけ あま掛け

セメントを水で溶いたもの。ノロともいう。

あまどまわし 雨戸廻し

一直線に走る雨戸を、直角 に曲げるために一筋溝のかどにつける金物

あめじまい 雨仕舞い

屋根にかぎらず外壁や庇から、雨が建物の内部に浸透しないようにする工事の方法をいう

あゆみいた 歩み板

工事現場の中で、通行のために敷かれる幅が約240〜300センチ長さ3.6メートル程度の仮設の足場板のこと。

あらい 洗い  

灰汁洗いをふくめて、すでに建築に使われている木材を、リフレッシュすることを<洗い>とか<洗う>いう。また、<清める>ということもある。洗う工事を行う職人を洗い屋という

あらき 荒(粗)木

製材されただけで表面がガサガサ状態にあり、人の手や眼に触れないところに使用される木材のこと

あらきだ 荒木田

土壁の下塗りに使用する土のこと。土壁の芯となるのは、竹などを割り裂いた木舞を使ったので、木舞に絡みつく粘りのある土が適していた

あらし 粗(乱)し  

杉の小幅板(厚さ12ミリ、幅60ミリ程度)などを、ラス板として使う場合、ラス板を斜めに張って構造耐力の一部を担わせた状態

あらしこ(かんな) 荒シコ(鉋)

鋸で製材しただけの状態である荒(粗)木に、最初に使用する鉋のこと

あらもの 荒(粗)物

人の手や眼に触れるところには使用されないもの、もしくはその部分の仕事のこと

あらゆか 荒(粗)床

仕上がり前の床で、その上に仕上げ材を張って引渡しの状態になる

あらわし 現し

ふつうは仕上げ材によって隠蔽してしまう構造部分を、露出させる仕上げを現しとか、現し仕上げという

あり(つぎ) 蟻(継ぎ)

逆ハの字状になった状態を<蟻>と呼び、逆ハの字状のホゾを蟻ホゾという

あるこーぶ アルコーブ

部屋や廊下の一部を凹ませた部分で、人が入ったり通れたりする大きさがあるもの

あーるしー(こう)ぞう RC(構)造

Reinforced Concrete Construction の頭文字を取ったもので、鉄筋コンクリート構造のこと

あわせ(がんな) 合せ(鉋)

合せ鉋といえば、仕上げに使う鉋のこと

あわせど 合せ砥

荒砥、中砥(なかど)ときて、仕上げの研ぎに使う砥石のこと。

あわせばり 合せ梁

1本の梁では強度が不足するときに、上下に梁を重ねて用いること、もしくは重ねた梁のこと。

重ね梁とか、合成梁ともいう

あんかーぼると アンカーボルト

基礎と土台を繋いでいる直径15ミリ、長さ550ミリ程度の鉄製のボルト

あんきょ 暗渠

上部に蓋をされたり、地中に埋設された水路

あんこ アンコ

本来の仕様にはなかったが、一部が足りなかったとかの場合に、何か詰め物をすること

あんこう 鮟鱇

軒樋から縦樋へと移行する部分に、設置する集水枡の通称

あんどんべや 行灯部屋

無窓の部屋を居室にすることは、建築基準法では禁止されている。しかし、納戸や物置 であれば、無窓の部屋も可能である

 

工務店によくある質問

staff

工務店の職人紹介 工務店建築士紹介

工務店見積

工務店断熱工法

バナースペース

倉興株式会社

みっちゃん本舗

一級建築士事務所
〒814-0163
福岡市早良区干隈6−8−13

TEL 092-407-7815
FAX 092-407-7814